収用手続の流れ

 収用手続は、収用の前提である「事業認定の手続」と、裁決の申請から裁決にいたるまでの「収用裁決の手続」に分かれます。「収用裁決の手続」は、裁決の申請があった後、収用委員会が手続開始の決定を行い、当事者の意見を聞いて、裁決するという流れになります。

 ★ 裁決申請書・土地調書等の申請関係書類の様式集は、こちら



事業認定 事業に公益性があるかを判断します。
 調書作成 収用しようとする土地や物件の状況を確認します。
 
裁決申請 収用委員会に申請を行います。 
 
公告・縦覧 申請があったことを広くお知らせする手続きです。 
  
開始決定 収用委員会での手続の開始が決定されます。 
  
審  理 当事者双方から意見をお伺いします。 
  
和  解      裁  決